森づくりアドバイザー便り
2015年11月



 道具の手入れについて(チェーンソー編)

前回は鎌研ぎの事を載せましたが、道具は人が楽に安全に使う為に手入れが必要です。
手道具では刃を研いだり、柄を挿げ替えたり等々。
動力機械では、スプロケット等の消耗品の交換や、マフラーの煤とり等々。

今回、パワー低下とアイドリングの不調が見られた、愛機のチェーンソーの手入れをする事にしました。
たぶん、エンジンの圧縮低下が原因と思い、思い切ってエンジンを開けてみました。

開けてみると、ピストンスカート部とシリンダーに傷があり、吹き抜けも見られ、手入れの時期だったんだなと痛感しました。
まずはピストンと、シリンダー内壁の傷を紙やすりでならし

ピストントップと燃焼室のカーボンを落とし(ノッキング対策でハイオクガソリンを入れてたせいかも)

ピストンリングを交換(新品と比べて0.3mm減ってました)

すべてピカピカにして組み付けました。


おかげで、調子が戻ったみたいです。アイドリングも安定していますし。

(追記)
今回の整備は、シリンダーの脱着以外全て付属のプラグレンチだけを使いおこないました。これはすごい事だと思います。メーカーがよく考えて設計しているのだと思います。


 くまもと森づくり活動の日レポート

先日の日曜日に立田山の林業研究指導所で開催された「くまもと森づくり活動の日」にパネル展示で参加してきました。
当日の天気は、天気予報では雨だったのですが・・・暑いぐらいの快晴!!

天候が良かったので、開会と同時にたくさんの人が訪れて、物づくりコーナーが大変な賑わいとなりました。



私が居たパネル展示コーナーもたくさんの人が訪れて、木のこと森のこと、住宅についてまで色んな事を聞かれました。
中には、去年も来られたリピーターさんもいらっしゃいました。


こんなに木や森について興味を持った方にたくさん来ていただいて、本当に感謝です!!

最後に、このイベントにご協力いただいた皆様に感謝いたします。お疲れさまでした。





 なめこの成長記録 11月

いよいよ、間伐研修会まで1ヶ月を切りました。
なめこも順調に発生しています。

小さかったなめこも大きくなり

一度なめこが発生したホダ木からは、じゃんじゃんなめこが発生しています。


まだなめこが発生していないホダ木も菌が回り、いつなめこが発生してもおかしくない状態になっています。

(ピンボケ気味の写真でスンマセン!!)

うーーん、雨が足らないな。雨がほしい。

 刃物研ぎ講習会

先日の日曜日に熊本市から依頼を受けて出張講習会を行ってきましたので報告です。
熊本市では水源の森林セミナーという、森林ボランティアを育成するセミナーを行っています。
その中で、昼からの刃物研ぎの講習を依頼されました。(午前は下刈り研修でした)
依頼の内容から、刃研ぎのプロ!!

高橋刃物さんをお招きして講習会を開催しました。

高橋刃物さんの講習は、すごく分かりやすくて面白いと個人的には思うんですが・・・(本筋から脱線した時の話が面白く、大変興味深いと思います)
セミナーの方達も真剣に話を聞いています。

そして、研削と研磨の違いの説明の後、いよいよ研ぎの実技に入ります。
それぞれが、午前中に使った鎌の刃研ぎをされていました。



参加者の大半が時間が足らず、研ぎ終わる事が出来なかったのが残念でしたが・・・

市役所職員さん達はノルマがあったらしく、一生懸命鎌研ぎされてました。

次回は、現場で鎌研ぎして刃研ぎ後の違いを体感していただきたいです。