くまもと林業担い手の元気づくり大会のお知らせ

林業を支える林業担い手(山で働く人々)の役割を広く県民の方々に知っていただき、林業担い手の元気づくりを目指す大会です。
(どなたでも入場出来ます!)
日時 2017年10月23日(月) 10:00〜14:30
場所 火の国ハイツ(熊本市東区石原)
詳しくはコチラ(チラシPDF)元気づくり大会チラシPDF

 【厚生労働省・林野庁より】伐木などのチェーンソー取扱時の事故にご注意ください!

厚生労働省及び林野庁より、「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」文書が来ましたので、「チェーンソーによる伐木等作業の安全に関するガイドライン」をご確認いただき、森林ボランティア作業中の事故にも十分にご注意ください!
・緊急要請文書厚生労働省・林野庁文書
・事故発生状況グラフ事故発生状況(H29年1月〜8月)グラフ
チェーンソーによる伐木等作業の安全に関するガイドラインチューンソーによる伐木等作業の安全に関するガイドライン

 【消費者庁より】刈払機(草刈機)の事故にご注意ください!

さて、夏場を迎え、下刈りなどの森林整備において、刈払機を使用して作業する機会が多くなります。
同時に、事故も多発しております。
このような中、林野庁を通じて、消費者庁及び独立行政法人国民生活センターより、添付資料「刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!」のとおり、刈払機の使用についての注意喚起がありました。

以下の点に再度注意し、資料も参考に、安全作業に努めてください。


1 機械の始動の前に、機械の状態のチェックを必ず行う。
2 ヘルメット、保護メガネ、防振手袋など、保護具を必ず装着し、適切な服装で作業する。
3 作業前に、小石や枝、固い異物などを除去し、15m以内に人がいないか確認して作業を行う。
  ※小さな針金が刈払機に巻き込まれ、勢いよく飛び出し作業者に刺さる事故があった。
4 刈刃の跳ね(キックバック)に注意する。
5 刈刃に詰まった草や異物を取り除く場合は、必ず機器を止めて行う。
6 作業者の周囲の方は、作業者が安全対策をきちんと行っているか一緒に確認し、作業中の変化に注意する。

安全第一で、ケガの無いよう十分に注意して作業してください。

詳しくはコチラ
【消費者庁】刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!