安全第一

山の仕事には危険が伴います。

木材という重量物を伐ったり倒したり転がしたり。。。

チェーンソーというかすっただけでも、ザックリ切れる危険な機械を使ったり。。。

森林ボランティアの方々が安全に山仕事ができるように。。。。。

こんなのや
null


こんなのを
null


準備しております。





 チェンソーを持つ姿勢

null

玉切りの姿勢は、楽な姿勢が良いです。
この女性の場合、ひざを地面について、腰に負担がかからない姿勢です。


 伐採作業と現場監督

竹の伐採中。

「そこのも伐ろうか。」

「そこの枝も伐ろう!」






声かけを行っているのは、団体の代表者。

これが大事なんですよ。
ボランティア作業で怖いのは怪我。
全体を把握して、的確に声をかける。作業者もその声に従う。団体作業はチームプレーです。

もちろん、声かけだけではありません。
自ら率先して伐採される代表者の方でした。