龍田プレーパーク訪問!

龍田プレーパークは、平成15年、小中学校週休5日制をきっかけに、土曜日の「子どもの居場所づくり」の目的のもと、地域住民の方が中心となって開設されました。
当時、龍田まちづくり協議会プレーパーク委員長として、プレーパーク開設に尽力された新道さんにお話を伺うことが出来ました。「最初は竹が茂って、1m先も見えない程の竹林だった。地域の方と子ども達と協力して竹を切り拓き、少しずつ設備も整備して今のようなプレーパークとなりました。」と、当時の苦労話も交えて話してくれました。
プレーパークに伺うと、龍田小学校、龍田中学校に隣接する場所に、ログハウスを始め、ターザンロープやブランコ、炭焼き窯、パン焼き窯まであり、子ども達に最適の遊び場となっていました。
毎月開催される『森のようちえん』だけではなく、夏にはキャンプ場所として、秋には、野外ステージでの音楽会などもあり、地域住民の方だけでなく、校区外の方も多数訪れる癒しの場所となっているそうです。「竹林整備や竹の子掘りにもたくさんの人が参加され、とても賑わう行事になる。その他、焼いた炭を売って得た資金で子どもをニューヨークに派遣し、現地の桜祭りに出店して得た資金を東日本の被災地に寄付するといった取り組みや、緑の少年団活動も活発に行っています。」
 新道さんは言います「龍田プレーパークを中心に、龍田のまちが、子ども達が安心して遊べ、学び、育つまち、大人達がそれを見守るまちづくりを目指しています。」とても熱く語っていただきました。

皆さんも、是非、龍田プレーパークを訪ねて行ってください!

龍田プレーパーク入口全体像.jpg

ツリーハウス.jpg

ターザンロープ.jpg

青空教室用イスjpg

炭焼き・パン焼き窯.jpg