金峰山山系 里山フォーラム開催!

NPO法人コロボックル・プロジェクト主催の里山フォーラムが、平成31年2月24日(日)熊本市中央区大江のあいぽーとで開催されました。
NPO法人コロボックル・プロジェクトは、自然環境の調査・研究や子どもの自然体験活動の推進、森づくり活動などの事業を行い、調和のとれた自然環境の保全、地域の活性化に寄与することを目的として平成16年に設立された団体で、長年の活動が認められ「平成30年度くまもと里モン賞農山漁村貢献部門」を受賞されました。
今回の金峰山系里山フォーラムには、生物多様性に関わる様々な団体・個人が出席して、活動報告を聴いたり、意見交換をしたりしました。
まず、「くまもとスローワークスクール」入江代表の話の中で印象的だったのは、「自然体験活動の中では、子どもが名前を呼ばれることで自己承認され、役割を自ら見つけ自ら動くようになる」というお話でした。
次に立田山自然体験隊 益田事務局長の話
この団体は自然観察指導員を中心に組織され、立田山(雑草の森など)を中心に、毎月自然探検会を行っていて、設立から31年目になる歴史のある団体。自然体験会の参加者は未就学児から小学校低学年の親子が多く、幼い頃からの自然体験の重要さを訴えられていた。
そして、NPO法人いろね 稗島代表のお話は、「いろね」とは、「育てる」という意味。「山の元自然学校」の林田さんに師事し、農作業、山仕事を学ぶ。独自で「NPO法人いろね」を立ち上げ、田んぼの学校や竹林整備事業を行っている。という話と、自分が何故NPO活動に興味を持ったのか、それは1冊の本「グッドニュース」(デイビットスズキ著)との出会いだったとの話でした。

意見交換では、長年にわたる各団体の取り組みに参加者一同感心したとの意見が多く、
まとめでは、自然観察くまもとつる会長から生物多様性を軸にした活動の意義についてと各団体のこれからの活動へのエールがありました。
NPO法人コロボックル・プロジェクトの甲斐原理事長は、「これからも小カルデラの金峰山山系で、生物多様性保全の取組を多様な方々との協働で進めていきたい」と力強く語っておられました。

里モンプロジェクト顕彰表彰状
里モン顕彰表彰状_.jpg


参加者の様子
里山フォーラム参加者.jpg


NPO法人コロボックル・プロジェクト 甲斐原理事長挨拶
p1110768甲斐原理事長挨拶.jpg


くまもとスローワーク・スクール 入江代表
p1110793くまもとスローワーク・スクール入江代表.jpg


立田山自然探検隊 益田事務局長
p1110800立田山自然探検隊 益田事務局長.jpg


NPO法人いろね 稗島代表
p1110808NPO法人いろね稗島代表.jpg