8月3日、山都町神の前、「天明未来の森」(漁民の森事業で整備された森)で行われた 下刈り作業へ、指導員として行ってきました。 ※参照:アドバイザー現地指導要請書 http://www.midori-no-mori.net/mv/home.php 森へ向かう途中の曲がり角に、分かりやすく大漁旗と誘導看板が立っていました。
誘導看板
天明中学校の子ども達に鎌の使い方を指導しました。 「鎌の持ち方」と、「作業時の仲間との距離」 「下刈りの時は大振りせずに手前に引く」 等を説明しました。
鎌の説明
みんな、よく説明を聴いていてくれて、安全に作業が進みます。
下刈り風景

sitagari2
しかし、中には、大振りする子もいて、注意しました。 子ども達も次第に鎌の使い方にも慣れ、無事に作業が終わりました。 閉会式での生徒代表あいさつ。「自然の恵みと手入れの大切さを学べました」 立派なあいさつでした。
生徒代表あいさつ
途中雨も降ってきましたが(山の天気は変わりやすい) 無事に下刈り作業を終えることが出来ました。
集合写真
最後は皆で集合写真!




このページを閉じる





植林
簡単そうで、そう簡単ではありません。穴の掘り方、苗の埋め方・・・



来年育っているといいね。



下刈り・つる切り
植林した苗木を守るために、下草やつる植物を刈る必要があります。



刈る前には段取りが必要です。班分け、場所きめを行います。





つる切りは、3月くらいがいいです。
稲刈りカマで、確実に切ってください。




フィールド提供
森林ボランティアをしたいが、場所がない!という団体・企業の方にフィールドの提供を行っています。




植える場所を探しておいでの企業の方たち。いい場所ですか。




森の健康診断
人間が植えたスギ・ヒノキ林は間伐しなければなりません。その判断をボランティアで行うのが「森の健康診断」



誰もが簡単な道具(100円ショップの道具)で、プロと同じ程度の調査が可能です。




林業機械の扱い方
草刈機は使ったことがあるけれど、チェンソーは初めての人が多いのではないでしょうか。
機械の扱いには基本があります。大怪我をする可能性の高い機械だと認識してもらうところから始めます。



立ち木を切る前に、何度も丸太きりでイメージづくり。




キノコ栽培
ボランティア団体でも(主にシイタケ)作るところが増えています。
原木(伐木のアドバイスや原木の購入先)の手配や、栽培方法の押さえどころ等。






植菌して2梅雨越せばキノコ発生〜。山の恵みを楽しめます。







森林について何でも相談ください。できる範囲は限られてますが、知恵を絞ります。







このページを閉じる


間伐(かんばつ)研修
人が植えたスギ・ヒノキは間伐(かんばつ)作業が必要です。体験を通してスギ・ヒノキ林について学びます。



講師が一人一人対応します。



参加者同士、協力してロープを引いて木を倒します。




刃物研ぎ
森づくりには、刃物が不可欠。下草を刈るには大きなカマ、枝打ちにはノコギリ、腰にナタを下げて山歩き・・・など。刃物は研いでやる必要があります。






刃物屋さんが講師です。研ぐだけでなく、刃物にまつわる話が聞けます◎




このページを閉じる