森林ボランティア初心者研修会(後編)

森づくりボランティア初心者研修会報告の続編です。
null


午前の下草刈り体験を終え、午後は夏の森での「森あそび体験」。
講師は公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会公認インストラクターの杉本崇さん(フィールドネーム:すっぎー)。

中が見えない箱の中に「この森にある、なにか」が入っていて、ひとり一人、手で触って感触を確かめます。その触感をたよりに、「森にある、なにか」をさがすのが、<感触の宝箱>。
null


森の中をさっき触った感覚をたよりに、お目当てのものを探し回りますが、なかなか、これといったものが、みなさん見つかりません。しばらくして集合の合図。はずれても、あたっても、それぞれしっかり感覚を研ぎ澄ました時間でした。
null
箱の中にはサルスベリの皮
null
サルスベリ

さて、次の活動は、事前に準備してある「小さな小箱」のふたをあけると何かのにおいが、、、、。
その香りだけを手がかりに二つのグループにわかれて探します。 最初は感じなかった香りが少しづつ鋭敏になっていくのを感じつつ、再び森の中を探し回ります。これがまた、難しい、、、。しばらくして、各グループで答えを決めて、紹介しあいます。嗅覚を活かす<香りの小箱>。
null
<香りの小箱>
null
答えわかった!
null
答えはこの花!

感覚に集中して動いた後は、森の木陰に入り静かに腰をおろします。目を閉じて聞こえてくる音に集中します。両耳に手をそえて、前方から聞こえてくる音、そして後方に手をかざして後方の音を聞いてみたりしました。
null
<音いくつ>

森の中で、十分に触覚、嗅覚、聴覚、を研ぎ澄ましたあと、それぞれが気持ちよい場所をさがして、ひとりで静かに自然の中にとけこむような時間をすごしました。中には、木の枝に上り樹上ですごす参加者も。
null
<自然とわたし>

午後の一時間ちょっとの間でしたが、みなさんは森につつまれて、自然と向き合ったひとときになったのではないかと思います。日常の暮らしのなかで、自然とふれあう機会が少なくなっている現代、森と人とのつながりに気づくひとときでした。
今回参加者のみなさんには、宿題も出ています。最後にドングリ笛を作って鳴らしましたが、もっとうまく鳴らせるように、、、。
null
ドングリ笛

今回の研修会をふりかえって思うことは、参加者に木が育つ現場を肌で感じてもらえたこと、
自然に向き合う時間を共有できたこと、その体験を通して生まれた、ひとり一人の森に対する気持ちをたいせつにしてほしいと願っています。木や森、自然に対する愛着や興味が増してもらえていたら最高です、、。

「木を育て、森につつまれる」第一回初心者研修会。次回研修会では、今回以上の多数のご参加を待っています。日程、内容等詳細が決まり次第ご案内します。


 森林ボランティア初心者研修会(前編)

先日、森林ボランティア初心者研修会を熊本市の立田山で開催しました。
null


今回のテーマは「木を育て、森につつまれる暮らし」。大鎌での下草刈りと森あそび体験です。

室内で「森のはたらき」「下草刈りについて」「野外での安全管理と危険予知」「休憩と服装」について学び、実習地までの約1キロの間、ネイチャーゲームインストラクターの杉本氏(フィールドネーム:すっぎー)の指導で<小さな美>を楽しみました。

自然の中にある美しいものを各自みつけて、スライド用マウントを額縁として、まるで絵画展や写真展のような野外での即興展覧会を参加者同士で楽しみました。
null
出発前、自然の準備体操
 
null
題名:紅白きのこ

参加者は10代の高校生、大学生も含め、ほとんどの人が手道具による森の手入れに初めてのチャレンジです。
null


最初に大鎌を使った下草刈りの演習(川上事務局長)があり、参加者の皆さんは少し緊張しながら、いよいよ作業開始です。安全に作業するために、それぞれ間隔をとり、十分注意しながら、大鎌で草を刈っていきます。

休憩をはさんで約1時間ほどでしたが、木を育てる作業「下草刈り」実習は、程よい汗と心地よい気持ちにつつまれて、終了しました。
null
見本演習 
null
作業体験中 
null
森での笑顔

最後に森のきこり仲間(笑)で、集合写真を撮影して研究センターへ戻りました。(続く) 
null
研修参加のみなさん


 森林ボランティア初心者研修会「森林を守る間伐」開催!

12月1日(土)に、森林ボランティア初心者研修会「森林を守る間伐」~何故、木を伐るの?~を開催しました。

今回のテーマは、「間伐」。
中学生の親子2組を含む19名の参加者の皆さんには、真剣な態度で受講していただきました。
最初に、菊池森林組合共販所の木材市場と製材所を見学することで、木の生産から流通に至る仕組みについて学び、
講義では、菊池森林組合の宮崎修講師より、下刈りや間伐などが、何故森を守るために必要な作業なのかの説明があった後、実際に山に行ってノコギリによる間伐体験をしました。現場作業では、昨年、熊本県の伐倒大会優勝者の竹下氏による、安全確保と伐倒作業手順の解説及び模範伐倒の後、各班に分かれてノコギリによる間伐を行いました。希望者には、キチンと防護具をつけて、チェーンソーを使った玉切り体験も行いました。

 午後は、木材の評価(木材価格)を自分たちが計測してきたデータを元に計算し、「あんなに大変な思いをして木を伐り出したのに安すぎる!」という声もあがるほど、現在の木材価格の厳しい現状に皆さんびっくりしていました。
そして、間伐材と雑木を使った木工クラフト。講師の德久崇木工の德久講師の指導のもと、カブトムシとトンボをつくりました。皆さん、童心に帰って、楽しく作品をつくっていました。

たいへん時間的に詰まった内容でしたが、「森林のはたらき、林業の大変さについて良くわかった。」「たいへん充実していて、森を身近に感じることが出来た。また来たい!」などの参加者の声をいただき、開催して良かった!と思いました。
 
 森のこと、木のこと、森林ボランティアのこと、少しでも興味があれば、何なりとお問い合わせください! TEL:096-387-6260 次回は、あなたの参加をお待ちしております!!

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null

null



 森林ボランティア初心者研修会開催!

5月26日(土)に、熊本県林業研究指導所と立田山実験林で、「平成30年度森林ボランティア初心者研修会」を開催しました。
森林のはたらきと下刈り(下草刈り)について・鎌の取扱方法の講義の後、実験林で実際に下刈り実習を行いました。小雨の中の作業でしたが、苗木の成長を促進出来る状態までしっかりと雑草を刈り取ることが出来ました。
 午後は、九州バイオマスフォーラムの中坊氏に講師にきていただき、バイオマスエネルギーの現状と、海外と日本の薪消費量の違いなどについて話を伺いました。たくさん質問もあり活発な質疑応答になりました。
 さて、いよいよ薪割り体験です。
「安全な斧の使い方」をしっかりレクチャー受けた後、一人ひとり薪割り挑戦!
安全面に注意しながら、慣れないながらも薪を割る参加者。
随分と慣れた頃終了。休憩時間には、薪で沸かしたお湯でコーヒータイムも楽しみました。
 「楽しかった、勉強になった」だけでなく、「森林ボランティア活動に参加してみたい!」という感想も多数いただき、担当としては何よりの激励の言葉でした。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

まだ、森づくり活動をやったことが無い方も、是非、気軽に森林ボランティア活動にご参加ください。

p1040092鎌の取扱について.jpg
 
p1090595下刈りの様子.jpg

p1090627下刈りの様子②.jpg

p1040098中坊氏バイオマス講義.jpg

p1090676薪割り①.jpg

p1090725薪割り②.jpg

p1090660スマートスプリッター.jpg

p1040151簡易かまど.jpg

p1090729コーヒータイム.jpg

p1090629集合写真.jpg


 森を元気にして人も元気になりましょう!

2017年12月21日 

森林(もり)を元気にする為に必要な森林作業を学びます。
 
「何故、森林を守るために木を伐るのでしょうか?」 
木や森についての話を聴いた後、手鋸を使って実際に木を伐る体験も出来ます。 
自分の伐った木で木工小物も作れます。 
森の現状を知りたい方、森林作業に興味ある方、 
森林ボランティアに関心のある方などご参加下さい。 
森林は疲れた心を癒してくれます。森を元気にして人も元気になりましょう!

日  時:平成30年1月13日(土)
 
     8:00~17:00
場  所:大津町生涯学習センター(大津町引水62) 
     
熊本市水源かん養林(大津町真木)
集合場所:熊本県庁(熊本市中央区水前寺6丁目18-1)
内  容:
8:00 熊本県庁集合・貸切バスで出発 

9:00 センターで開会式、森林・間伐についての学習 

9:40 大津町真木の森林へ移動 

10:20 間伐体験(ノコギリによる間伐)
12:40 大津町生涯学習センターへ移動 

13:00 昼休憩(各自持参の弁当) 

13:40 間伐を体験しての振り返り等 

14:00 間伐材を利用した木工クラフト
 
    (鍋敷き、ペン立て他) 

16:00 閉会式、貸切バスで大津町生涯学習センター出発

17:00 県庁到着後解散
参加費:無料
募  集:20名(先着順) 
対象:森林ボランティア初心者
 
   森林整備に関心のある人
 
  中学生以上(中学生は引率者同伴)
※参加ボタンだけでは参加申込受付になりませんので、参加申込の方は、こちらより申込ください。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/500931/

 森林ボランティア初心者研修を開催しました!

2017年7月21日 

森林ボランティア初心者研修を開催しました!
7月8日(土)、直前の台風や大雨のため開催が危ぶまれましたが、天候にも恵まれ15名の参加者の方々と、「下刈り」「自然観察」「ネイチャーゲーム」などの研修を行いました。
開会式の後、下刈りについてと鎌の使い方について説明しました。
説明後、2班に分かれて、自然観察をしながら実験林を目指します。
途中、自然観察をしながら、熊本県森林インストラクター協会の本田講師、花岡講師から、立田山の樹木の特徴や成り立ちなどについてお話をしていただきました。
実験林に到着後は、下刈り作業に汗を流し、ヤマグリやイチイガシの周りの雑草が刈り払われ、今後の成長が期待されます。
苗の成長が思わしくないところには、イチイガシの苗を一人1本づつ補植しました。
午後は、雨も上がり、ネイチャーゲーム(「はじめまして」「ノーズ」「カモフラージュ」「目隠しイモムシ」)を森の中で体験出来ました。
「自然の中には無いもの」を見つける「カモフラージュ」というゲームですが、なかなか見つけられません!
こんなところにクリップが!
私は見逃してしまいました・・・・
参加者の方から
「森の中で、楽しみながら参加することが出来ました。」
「とても貴重な体験になりました。スッキリしました。」
などの感想をいただけました。
今後も、いろいろな企画をしていきますので、是非、ご参加ください。
森林ボランティア初心者の方、森に入ったことが無い方でも大歓迎です!

null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


 森を元気にして人も元気になりましょう!!


2017年6月15日 

森林は疲れた心を癒してくれます。森を元気にして人も元気になりましょう!!
植林した樹木は成長のために下刈り(下草刈り)が必要です。樹木の成長の悪い箇所へは、地拵え(整地)をした後、補植(植樹)を行います。森林を元気にする為に必要な森林作業を学びます。作業場所(実験林)に向かうまでは自然観察をしながら移動します。

午後は、ネイチャーゲームを行います。森にふれあい、自然を身近に感じてください。森の現状を知りたい方、森林作業に興味ある方、森林ボランティアに関心のある方など是非ご参加下さい。

※イベントの参加ボタンだけでは参加申込受付になりませんのでご注意ください。
別途「参加申込書」での申し込みが必要です。
http://www.midori-no-mori.net/mv/sanka.php

 森林ボランティア初心者研修会 参加者募集!

2017年6月6日 

森林ボランティア初心者研修会 参加者募集!
7月8日(土)に、森林に関心のある方(森林ボランティア初心者)を対象とした、森林ボランティア初心者研修~大鎌を使った下刈り・捕食体験~を開催します。ネイチャーゲームや自然観察会もあります。

是非ご参加ください。

日時:2017年7月8日(土) 9:00~15:00

場所:熊本県林業研究指導所

内容:大鎌を使った下刈り、補植体験

   ネイチャーゲームと自然観察

参加費:無料(要事前申し込み)
詳細はコチラ

http://www.midori-no-mori.net/mv/sanka.php
研修場所の地図

https://www.google.co.jp/…/data=!4m5!3m4!1s0x3540f16b26e1eb…

 平成28年度第2回初心者研修
「里山を守る」

2017年3月10日

平成29年2月5日(日)に、平成28年度第2回初心者研修、
「里山を守る」~竹林整備と竹炭つくり~を開催しました。
あいにくの天候の中、昼から晴れることを祈って出発!

参加者の皆さん、集合時間より早く来ていただいたので、早めに出発出来ました。
現地に着いても、降ったりやんだりの天候の中、開会式が行われ、
まず、熊本県立大学 COC推進室 野口慎吾准教授の「竹林・里山のはたらき、竹の利活用」のお話。
その後、雨が小降りになったのをみこして、竹炭つくり体験会。
竹片を簡易炭焼き器にセットして、穴を掘り埋めます。
火をつけて、全体に火が回ったら、土をかけてしばらく待ちます。
煙の色で、燃焼具合を判断します。
竹の伐採体験も行いました。
まず、川上事務局長による竹伐採についての説明。
実際に伐採体験も行います。
班ごとに竹伐採だったので、後の班は、竹細工の時間。
皆さん、竹箸、コップ、ひしゃく、思い思いのものを作られています。
チッパーシュレッダーの実演もありました。
伐った竹を機械にかけて、チップにします。
チップは肥料にしたり、カブトムシの寝床にしたり、様々に活用されています。
そうこうしているうちに、竹炭が出来上がりました。
うまく出来ましたか?
最後に班で振り返りをして、班ごとに発表してもらいました。
厳しい意見、あたたかい意見ありがとうございました。
あいにくの雨に中でしたが、盛りだくさんの研修内容すべて行うことができ
ケガもなく終われて良かったです。
参加していただいた皆さん、ありがとうございました!!

null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


null


 
ご協力ありがとうございました。

2016年9月21日 

皆様のご協力のおかげで、無事に平成28年度第1回森林ボランティア初心者研修会を終了することができました。

ご協力ありがとうございました。
当日は、朝早くから案内看板設置。

参加者の受付。
開会式。

下刈りについての説明。

歩いて実験林に移動。

下刈り実習。

鎌を前後に動かして植樹した木を痛めないように、丁寧に刈ります。(きれいになりました。)
昼食
午後はロープワーク。

講師の先生は「簡単だよ」とおっしゃいますが、ロープの通し方がわかるまでは一苦労。
その分、出来たときの喜びは大きかったです。
そして、閉会式。
参加者の皆さん、楽しんでいただけて良かったです。
アンケートも高評価をいただきました。
また、年明けに企画しますので、皆さまご参加ください。

null


null


null


null


null


null


null


null


null