天明未来の森下刈り作業へ、指導員として行ってきました。

8月3日、山都町神の前、「天明未来の森」(漁民の森事業で整備された森)で行われた
下刈り作業へ、指導員として行ってきました。
(※参照:アドバイザー現地指導要請書 http://www.midori-no-mori.net/mv/home.php
森へ向かう途中の曲がり角に、分かりやすく旗と誘導看板が立っていました。

天明中学校の子ども達に鎌の使い方を指導しました。
「鎌の持ち方」と、「作業時の仲間との距離」
「下刈りの時は大振りせずに手前に引く」
等を説明しました。

みんな、よく説明を聴いていてくれて、安全に作業が進みます。

しかし、中には、大振りする子もいて、注意しました。

子ども達も次第に鎌の使い方にも慣れ、無事に作業が終わりました。
閉会式での生徒代表あいさつ。
立派なあいさつでした。


途中雨も降ってきましたが(山の天気は変わりやすい)
無事に下刈り作業を終えることが出来ました。